アットノンをシミ消しに使っている人がいる?

アットノン

 

「アットノン」は小林製薬から出ている、傷あとやヤケドの治療薬ですよね。

 

その名の通り、塗ると患部が目立たなくなるので若い女性を中心に人気があり、この分野の塗り薬としては非常によく売れています。

 

なんと、できてから1〜2年たった傷あとにも使えるということなので、目立つ部分の傷あとに悩んでいた人は、試してみる価値がありそうですね。

 

商品ラインナップは「透明ジェルタイプ」「コンシーラータイプ」「クリームタイプ」「ローションタイプ」の4種類。

 

それぞれに特徴があるので、使い心地や肌質などによって使い分けることができます。

 

そしてこのアットノン、ネット上ではなんと顔のシミ消しにも使えるという噂があるのですが、果たして本当なのでしょうか。

 

アットノンに含まれる成分の作用を踏まえて検証してみました。

 

ヘパリン類似物質の血流改善効果を活用

 

アットノンがシミに効くという噂は、主成分に「ヘパリン類似物質」が含まれていることから出てきたもののようです。

 

これは血行を促したり、炎症を抑えたりするのに効果がある成分で、肌をしっとりさせる働きもある優秀なもの。

 

ターンオーバーが促進されるので、結果的にメラニンが早く排出されるのではないかと言われているのですね。

 

美白はもちろん、年齢を重ねてもみずみずしくてハリのある肌でいるためには、何といっても肌の生まれ変わるサイクルであるターンオーバーを乱さないことが大切です。

 

 

こうした意味では、確かにアットノンはシミ消しにも効果がある治療薬なのかもしれません。

 

ヘパリン類似物質は50年以上使用されている

ヘパリン類似物質そのものは日本で50年以上前から使われているポピュラーなもので、開発の元となったヘパリンは人間の肝臓で生成される成分(ヒアルロン酸などと同じムコ多糖類の一種)です。

 

それと同じような働きを人工的に生成したものがヘパリン類似物質のことです。

 

アットノンをシミ消しに使うユーザー

 

Googleなどの検索エンジンで「アットノン シミ消し」と検索してみると、実際に試してみた方のレポートや口コミがたくさん出てきます。

 

アットノン シミ消しの検索画面

 

それぞれのサイトを見てみると、効果には個人差があるので「シミが確実に薄くなりました!」と喜んでいる人もいれば「私には合いませんでした」と残念な結果に終わった人もいます。

 

確かに、アットノンを傷あとやヤケドの治療薬ではなく、シミ消しとして購入する人は非常に多いようです。

 

このような薬を顔に使う場合「肌荒れは大丈夫?」と気になりますが、小林製薬によると、目や口の周りを避けて使えば特に問題はないとのこと。

 

ただし、もともと顔への使用が推奨されているものではありません。

 

敏感肌の人には刺激が強い場合もあるので、万が一なんらかの自覚症状が現れた時にはすぐに使用を中止し、よく洗い流して医師の診察を受けるようにしましょう。

 

アットノンとケシミンはどこが違う?

 

アットノンを販売している小林製薬では「ケシミン」という商品名のクリームも扱っています。

 

これは、ビタミンC誘導体の働きでメラニンの生成を抑えるもので、傷あとやヤケドの治療を目的としたアットノンとは違い、しみ対策として開発された商品です。

 

パッケージの見た目や使い方が似ているので混同してしまうことも多いのですが、それぞれの使用説明書をよく読み、誤った目的で使わないように気を付けましょう。

 

ちなみに、ケシミンのシミを薄くする効果ですが、これは残念ながらアットノン同様「なんともいえない」というのが正直なところです。

 

ケシミンはあくまでもメラニンの生成を抑えて、これからできるシミを予防するためのものなので、すでにできてしまったシミに一所懸命塗り込んでもあまり意味がないのです。

 

 

ただ、アットノンと同じで、血行を良くしたりターンオーバーを促したりする効果はあるので、根気よく使い続ければシミが薄くなることもないとは言い切れません。

 

軽い使い心地で塗りやすいクリームなので、スキンケアアイテムの1つとして考えておくと良いですね。

 

実際に化粧水タイプや美容液タイプなどがラインナップされており、シミ対策の目的が強めの化粧品というイメージです。

 

ヒルドイドのほうが割安

 

「ヒルドイド」という名前を耳にしたことはありますか?

 

これは保湿剤としてよく皮膚科や小児科で処方される薬で、保険適用で値段が安い上に高いアンチエイジング効果があるとして、ひそかにブームとなっているものです。

 

「何万円もする高級クリームよりよほど効果がある」と女性誌で特集が組まれたり、絶賛する皮膚科医もいるそうですよ。

 

ヒルドイドの主な効能
  1. 保湿
  2. 血行の促進
  3. 傷を治りやすくする

 

というもので、アットノンとほぼ同じです。そして、主成分もやはり「ヘパリン類似物質」で、これもまた同じ。

 

アットノンは1本あたり1,000円ぐらいしますが、ヒルドイドなら3割負担で200〜300円ぐらいなので、診察料などを除けばこちらのほうが割安ということになります。

 

ただ、いくら薬そのものの値段は安いといっても、毎回診察を受けてヒルドイドを1本ずつ出してもらっていてはかえって高くつくので、できれば1度にまとめて数本処方してもらうと良いでしょう。

 

もちろん、ヒルドイドは医師が患者さんに必要と判断しなくては出せない薬なので、必ず手に入れられるとは限りません。出してもらえそうな時に、一応何本までなら大丈夫か聞いてみると良いかもしれませんね。

 

ちなみに「いちいち病院へ行くのが面倒」「お医者さんが処方してくれなかった」などの理由でヒルドイドの個人輸入を利用する人もいますが、これはちょっとリスクの高い方法です。

 

というのも、中身が必ずしも安全なものとは限らないので、思わぬ副作用に苦しめられる可能性がありますし、個人輸入には金銭トラブルや荷物の未着などの問題がつきもの。

 

個人で利用するなら、あらゆるトラブルの可能性も考えておくようにしましょう。

 

また、個人輸入の場合はヒルドイドの値段が処方薬の10倍ぐらいになるので、当然ながら割安感はありません。

 

必ず処方してもらえるとは限らないところがネックですが、どうせ同じ成分や効能なら、アットノンよりもヒルドイドのほうがずっと安く使えて便利です。

 

シミ消しはすぐに効果が出るものではなく、長期戦を覚悟せねばなりません。

 

高い薬はもったいなくてたっぷりと使えないし、コストもかかるので、できるだけお財布に優しい方法で続けていきたいですね。