メラニン色素は美白の敵?

美白な女性

 

「色の白いは七難隠す」なんて、有名な諺がありますよね。

 

たしかに透き通るような白い肌なだけで、清潔感が上がりますし他のネガティブ要素が目立たないというのもわかる気がします。

 

特に女性にとって、白い肌になりたくない!という方はおそらくいないのではないでしょうか。そんなあこがれの美白にとって、天敵となるのが「メラニン色素」。

 

まさに白に対する黒。

 

最たる原因は、空から照りつける太陽の紫外線ですね。世にはさまざまなUV対策アイテムが溢れ、どんな手を使ってでも忌まわしい日焼けを避ける努力を多くの女性が行っています。

 

ところで、なぜ日焼けをするのか?肌が黒くなるのか?と考えたことはありませんか?

 

あれは別に、肌が本当に焼けて焦げて黒くなっているわけじゃないですよね(もしそうなら大やけどで外出どころではありません)。

 

肌の色の変化は、主にメラニン色素の働きが関係しています。このメラニン色素について、メカニズムを探ってみようと思います。

実はメラニン色素は身体を守ってくれている

太陽ギラギラの夏空

 

メラニン色素の働きを解説する前に、もしメラニン色素が身体になかったらどうなるか、という話をします。

 

これはもう、恐ろしい事態になります。紫外線というのは少量なら身体に有益ですが、強くなるほど身体への毒性がどんどんまします。

 

肌に当たった紫外線は皮膚を通り抜けて奥まで浸透し、肌の水ぶくれや炎症をおこすばかりか、DNAレベルまで肌を傷つけて皮膚がんになる可能性もあります。

 

つまり、メラニン色素のない肌は完全にノーガードになり、とてもじゃないですが外出なんて危険すぎてできません。

 

人間の身体は肌に紫外線が当たるとメラニン色素が生成され、その部分が光を吸収することで肌を守ってくれます。

 

黒は光を吸収する性質があるので、メラニン色素の部分は光を吸い付けてくれるんですね。

 

このように、メラニン色素が生成される反応は、身体の防御反応なわけで、欠かすことのできないメカニズムといえます。

排出されないメラニンがシミなどの原因に

肌ケアする女性

 

人間の皮膚にはターンオーバーという期間があり、古くなった角質はだんだん肌の表面に上がってきてやがて剥がれ落ちていきます。

 

つまり、肌が傷んだりトラブルがあっても、ターンオーバーの周期でまた新しい肌に生まれ変わります。

 

 

メラニン色素によって色が変わった部分も通常ならこの仕組みで排出されるのですが、加齢やいろいろな要因でターンオーバーが乱れると、うまくメラニンを排出できなくなります。

 

こうして肌に残ったままになったメラニンがシミになります。夏などで過剰に紫外線を浴びるとメラニンがたくさんでき、すべてが排出できなくなってシミになったりします。

 

肌の色はメラニン色素の量によって決まるので、美白を目指すならメラニン色素の量をできるだけ少なくする必要があります。

 

そのためにたくさんの美白目的の化粧品がありますが、できてしまったメラニンをなくすものと、メラニンの生成そのものを抑えるものと大きく2つのタイプに分けることができます。

AGEがメラニン産生を促すことも判明

AGEという名前をご存知でしょうか?

 

その名前は耳にしたことがなくても「糖化」というキーワードは知っている、聞いたことがある、とても関心があるという方が多いのではないかと思います。

 

人間は年を重ねれば必ず老化するものですが、なぜ老いるのか、という面で非常に大きなファクターを占めるのが糖化です。

 

糖化(メイラード反応)とは体内にあるタンパク質が糖と結びつく反応を指しますが、この過程で生まれるのがAGE(終末糖化産物/Advanced Glycation End products)です。

 

茶色く硬いタンパク質の成れの果てであるAGEは内臓にさまざまな影響を与えて病気のもとになったり、肌の黄くすみの原因になるなどやっかいな物質です。

 

AGEがメラニンを増やす

そして、モリンダ ワールドワイド インクという企業と、同志社大学生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター教授である米井 嘉一氏の共同研究によって、AGEがメラニンの産出を促進することでシミをできやすくする作用があることもわかりました。

 

つまり、シミを防ぐ、消すためには紫外線対策をするだけでなく、糖化の対策もしっかりと実践する必要があるということですね。

 

糖化については以下の記事でもより詳しく解説していますので、よければご覧ください。