憂鬱なゴワゴワ肌はどうやって解消する?

肌のゴワゴワはなぜ起きる|原因と正しい対策法について

 

ゴワゴワ肌、何が原因なんだろう?と悩んでしまう方も少なくないと思います。

 

メイクのりは悪いし、洗顔後にスキンケアをしてもなんとなくゴワつき感・ゴワゴワ感があると落ち着かないものですね。原因についてのキーワードは、角質とターンオーバーです。

 

ゴワゴワ肌の原因は、古い角質と言われています。スキンケアは、奥深いものです。角質を落としすぎてもいけませんし、古い角質が残っていてもいけません。新しい角質が適量必要であるということです。

 

肌はおよそ28日間で生まれ変わります。ターンオーバー(代謝による再生)が正常であれば、古い角質は自然に剥がれ落ち、いつもキメ細かく整った肌になります。

 

生活習慣の乱れやストレス・間違ったスキンケアによってターンオーバーが乱されますが、ターンオーバーの乱れはゴワゴワ肌などのトラブルにつながります。

 

毛穴の汚れ・詰まりがゴワゴワの原因になることも

角質と皮脂汚れが毛穴にフタをしている状態のものを「角栓」と呼びます。これも難しいのですが、ある程度の角栓は必要です。

 

なぜなら毛穴からバイ菌が侵入するのを防いでくれる役割を持っているからです。しかし、角栓も古い状態で停滞させてはいけません。

 

古い角質と皮脂とメイクなどの汚れ、ホコリなどが積み重なっていきます。そのまま硬化してしまい、酸化することによって黒ずみと呼ばれるようになってしまいます。

 

つまり、角栓が古くなってしまうと皮膚も固くなってしまい、ゴワゴワ感につながっているということになるのです。

 

毛穴が広がってしまっている状態でも角栓が詰まりやすくなってしまいますし、皮脂や角質を落としすぎても過剰分泌を促してしまいます。

 

角栓の対策は週に1回くらい毛穴を意識した洗顔をおこなうことです。ゴシゴシと普段からやり過ぎると必要な角質まで落としてしまい悪循環となってしまいます。

 

毛穴を意識した洗顔とは、まず蒸しタオルやお風呂のお湯の蒸気で毛穴を開かせます。そして、角質や角栓の分解に有効といわれる酵素を含む洗顔料や、オイルクレンジングで洗ってあげると良いそうです。

 

 

もちろん、こすりすぎてしまうと必要な角質や角栓が落ち過ぎてしまうので優しくがポイントです。

 

ゴワゴワ肌は化粧水などもうまく浸透しない

入念なスキンケアをする女性

 

ゴワゴワ感を感じた時は、少し丁寧なスキンケアを心がけてみてください。特に保湿が大事です。

 

乾燥していると肌が感じることによって、水分を守らなきゃ!と角質の過剰生成がおこなわれます。角質肥厚といいますが、角質層がさらに厚くなってしまうのです。

 

週1回程度の古い角栓を落とす毛穴を意識した洗顔をおこない、普段は角質を落としすぎない洗顔を意識してください。

 

そして、化粧水だけでは浸透しにくくなっているので、おすすめはローションパックです。

 

少し時間をかけて水分を浸透させた後に、乳液や保湿クリームでしっかりフタをしてあげてみてください。

 

安易なピーリングなどは悪化の原因にも

ゴワゴワ感がある=ピーリングという対策はよくありません。

 

肌が乾燥してしまっているために角質が過剰に生成されてしまっている場合には、まずは乾燥の対策が必要です。

 

ピーリングが負の連鎖を招く

肌の乾燥が原因であるのにピーリングで角質を落としてしまうと、負のスパイラルへの突入です。さらなる角質の過剰生成、皮脂の分泌などを招いていきます。肌の乾燥が原因であるゴワゴワ感の場合には、おおよそターンオーバーが早過ぎています。

 

未熟な角質の状態のため最大限の役割が果たせず、次から次へと急ぎ足で未熟な角質が表面化していきます。この場合、ピーリングは厳禁です。ゴワゴワ感と合わせて肌が乾燥していないか、しっかりチェックしてください。

 

乾燥している場合には、未熟な角質の役割を十分に補てんしてあげるために水分補給や保湿クリームが必要です。

 

さて、乾燥していないゴワゴワ肌の場合には、ターンオーバーが遅れているのです。この時に限ってピーリングが有効です。ターンオーバーの遅れは、加齢や睡眠不足・ストレスなどが原因で起こります。

 

古い角質が剥がれ落ちずに残ってしまっているためにゴワゴワ感がありますので、週1回程度のピーリングで古い角質を落としてあげることが有効です。

 

睡眠でのターンオーバー改善が有効な対策

肌のゴールデンタイムに睡眠をとる女性

 

ターンオーバーとはいつ行われるか、これは睡眠中になります。特に寝始めの深い睡眠(ノンレム睡眠)の時間に成長ホルモンが分泌されるのです。

 

よく大人が子供に「早く寝ないと成長しないよ!」と言いますね。これは、本当なのです。特に成長ホルモンは夜10時〜夜中2時頃までが活発に分泌されるとも言われ、この時間帯を肌のゴールデンタイムと呼びます。

 

子供だけでなく大人もです。この成長ホルモンがしっかりと分泌されることがターンオーバーの正常化につながりますので、少なくとも3時間は深く眠れる質の良い睡眠をとることが大事です。

 

目が覚めがちであったり、寝付きが悪かったりすると成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうそうです。