美白のリーサルウェポン「ハイドロキノン」を解剖

美肌を実感している女性

 

肌の漂白剤とも言われるハイドロキノン。

 

もう名前そのものがタダモノじゃないオーラを放っている気もしますが、実はイチゴやコーヒー、紅茶、ブルーベリーなどにも含まれる物質です。このハイドロキノンは美白にどんな力をもたらしてくれるのでしょうか?

 

日本ではその強力な効果が知られ始めてまだ日が浅いハイドロキノンは、海外ではかなり昔からシミの治療薬として使われてきました。

 

もともとは還元作用と呼ばれる働きを利用して、写真の現像やゴムの酸化防止剤として利用されたのがはじまり。

 

特に、アメリカではシミ治療といえばハイドロキノンというくらいスタンダードな存在です。

 

日本での導入はかなり最近

日本では効果が強力なので、2001年の薬事法改正(ちなみに現在の薬事法は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」という長い名称に変わっています)まで医師の処方箋が必要で、化粧品に使うことはできませんでした。

 

どれくらい効果が強いかと言うと、シミの予防成分として知られる「ビタミンC」の10倍、そして「βアルブチン」のなんと約100倍とまで言われているほどです。

ハイドロキノンの美白力はなぜ強い?

ひとことで言えば「シミに直接働きかけるから」です。

 

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニンそのものを減らしてくれる効果があり、また、メラニンの生成を抑制する効果もあります。そのため、シミの除去の他、抑制するためにも使用する事ができるのです。

 

その強力さは、シミの消しゴムと例えられるほど。

 

また、ハイドロキノンの効果を期待することのできるシミの種類においては、そばかすをはじめとし、茶色くぼんやりとしたシミである肝斑や一般的なシミでもある老人性色素斑。

 

ニキビ跡や傷跡などの影響で色素沈着してしまった炎症後色素沈着などにも効果があると言われています。

 

しかし、残念なことに太田母斑やほくろ、また、生まれつきの大きなシミなどには効果を期待する事ができなくなっています。

 

その他、イボのようになってしまったイボのシミにも効果を期待する事はできないようです。

実は日本でも昔から使われていた!?

ハイドロキノンと名前がよく似ている、ハイドロキノンモノベンジルエーテルと舌をつりそうな長い名称の成分があります。

 

実はこの成分は古くから日本でも使われてきました。ハイドロキノンと同じように、メラニンを強力に抑制する作用があったからです。

 

しかし、色素細胞に対する毒性が非常に強く、肌が真っ白になる不可逆性白斑を引き起こすことがわかり、化粧品への配合が禁止されました。

 

この規制の際に、名前が似ているハイドロキノンも一緒に制限されたことが、日本では最近まであまりポピュラーになっていなかった大きな理由です。

 

ちなみにこのハイドロキノンベンジルエーテルは、伝説的アーティスト、マイケル・ジャクソンが尋常性白斑の治療に使ったとも言われています。

 

念のためですが、ハイドロキノンには白斑の副作用は報告されていません。

効果が出るまでの期間

その強力さから効果の早さを連想してしまいがちですが、つけた翌日に真っ白なんてことはありません。

 

ハイドロキノンの効果がでるまでの期間は、一般的な目安として2か月間だと言われています。中には、早くから効果を実感する人もおり、2、3週間で、効果が現れる人もいます。

 

また、皮膚科でハイドロキノンを処方し治療を行う場合は、基本的には、2か月から3か月で治療を終了する事が多くなっています。その理由として、皮膚科で処方されるハイドロキノンは、濃度が高く肌への刺激が強い事が理由の一つとしてあげる事ができます。

 

そのため、肌への影響を考えると、3か月を目途に一度肌を休ませてあげる事が必要になってくるのです。

 

決して、ハイドロキノンは即効性のあるものではありません。根気よく就寝前などに塗る事で、少しずつ効果が出てくるそんな薬になっています。

 

 

肌が赤らめて来たり軽く皮がむけてきたりなど、ハイドロキノンを塗る事で変化してくる肌と上手に向き合いながら、自分の肌の状態と相談し塗り続けていく事が重要なのです。

 

そのため、初めから長期戦になる事を心がけて使用を始める事が大切です。

わずか1,000円台でハイドロキノンが試せる

じつは、皮膚科に行かなくても、ハイドロキノンを手軽に試すことは可能です。

 

値段にして1,000円台の化粧品のトライアルセットで、ハイドロキノンを含んだ美白シリーズがあるからです。

 

それが、アンプルール ラグジュアリーホワイト。

 

ハイドロキノンの効果と期間は?正しい使い方を学ぶ

 

NHKの番組「きれいの魔法」に出演中の皮膚科医「高瀬聡子」氏が開発したアンプルールは、いわゆるドクターズコスメのカテゴリで美白系では定番的な商品です。

 

主成分にハイドロキノンを含むだけでなく、エイジングケアに欠かせない保湿をしっかりとこなせる有効成分をたっぷりと配合。

 

だから、シミを消すだけでなくシミのできにくい肌の土台づくりができます。

 

トライアルセットは、化粧水、美容液、乳液ゲルとすべてハイドロキノン入り。

 

ハイドロキノンの効果と期間は?正しい使い方を学ぶ

 

たっぷり7日分のホワイトケアで、シミはもちろんエイジング対策もじっくりと試すことができます。

 

トライアルセットを買った後も勧誘の電話などないですし(情報誌のようなDMはたまに送られてきますが)、この値段でハイドロキノンを試せるアンプルールは貴重な存在だと思います。

 

トライアルセット内容

集中美容液 3g
化粧水 20ml
薬用美白美容液 8g
美容乳液ゲル 10g

アンプルール ラグジュアリーホワイト公式ページヘ