ハイドロキノンってニキビ跡にも効くの?

ニキビ跡が気になる女性

 

ニキビができたあとに残ってしまう跡・・・ニキビは治ったのに跡がなかなか消えない、という方も多いのではないでしょうか。

 

ニキビの跡は、赤黒くなったり茶色くなったり、肌のシミのようにみえることから、シミ対策の化粧品やクリームなどを使用して改善しようと考える方も多いようです。

 

しかし、ニキビの跡ができる原因は、「肌の炎症」です。

 

ニキビによる炎症がひどいと、皮膚が損傷し、その傷跡がいわゆる「ニキビの跡」になってしまいます。何度も同じ場所にニキビができてしまうと、皮膚の内部までもが損傷してしまい、茶色くシミのように残ってしまう場合もあります。

 

また、ニキビを自分の手で触って潰してしまうのは良くないと言われていますが、これは、手に付着している細菌や雑菌が皮膚内部に入りこみ、炎症を悪化させてしまう事があるからです。

 

ニキビを潰すことによって、ニキビだけでなくその周辺の皮膚も傷つけてしまうことがあり、傷や炎症が広がったり悪化したりしてしまう恐れがあります。

 

赤黒いニキビ跡はシミとはまったく異なるもの

ニキビの跡は、色によって跡ができてしまった原因が異なります。大きく分けて「赤黒いニキビ跡」と「茶色くシミのようになったニキビ跡」の2つがあります。

 

まず、赤黒いニキビ跡ですが、これは、ニキビによる炎症で傷ついてしまった皮膚を治すべく

 

・傷口付近の毛細血管が集結、拡張している(赤色)
・傷口付近の毛細血管がうっ血している(赤紫、紫色)

 

という2点が原因となっています。

 

毛細血管の集結・拡張は、傷口を治そうとする体が持つ自然治癒の働きによるものなので、時間の経過とともに自然に色が消えていきます。

 

一方うっ血は、毛細血管に傷がつき内出血のような状態になっており、この血液が皮膚組織に残ることによって赤紫や紫色のニキビ跡になります。

 

前述の自然治癒の働きとは異なり、うっ血によるニキビ跡は色素沈着につながるため、放置するとシミのように残ってしまう可能性があります。

 

もう一つのニキビ跡である「茶色くシミのようになったニキビ跡」は、炎症から肌を守るべくメラニンが発生したことによります。紫外線による日焼けから肌を守るためにも作られるメラニンですが、本来肌を守るために必要なものでもあります。

 

しかし、過剰に発生してしまうとシミの原因になってしまうため美容面ではやっかいな存在。

 

「赤黒いニキビ跡」は「血液」、「茶色くシミのようになったニキビ跡」は「メラニン」と、同じニキビ跡でも色によって原因が異なるのです。

 

基本的にハイドロキノンはニキビ跡の改善には向かない

手で「駄目」のポーズをする女性

 

ニキビの跡は色により肌に色づく原因は異なりますが、根本的な原因が「肌の炎症」にあります。

 

そのため、この「炎症を治すこと」がニキビ跡を改善する最善の方法になります。

 

つまり、ニキビ跡を改善するために、シミの予防や改善に役立つ美白化粧品を使用してもあまり効果が期待できません。

 

美白成分として有名なハイドロキノンも同様です。

 

ハイドロキノンは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制、また排出するという働きを持っていますが、これは肌の炎症を改善させたいというニキビ跡改善のプロセスと異なります。

 

 

多くの美白成分と言われるものが、ハイドロキノン同様肌内部のメラニンの生成に関わる働きをするもので、ニキビ跡を改善するためにはあまり効果が期待できません。

 

美白成分を含むスキンケア用品を使用してもニキビ跡が改善しないのはこのためで、ニキビ跡を治すためには、ニキビを治すための肌の働きをサポートする必要があります。

 

ニキビ跡はターンオーバー促進で新しい肌を蘇らせることが必要

肌のターンオーバーのイメージイラスト

 

ニキビ跡を改善するためには、肌のターンオーバーを促進して、ニキビ跡のない新しい肌を台頭させることが大切です。

 

さまざまな肌表面のトラブルは、肌のターンオーバーによって古い角質としてはがれ落ち、ニキビ跡やシミのない肌へ生まれ蘇ります。

 

肌のターンオーバーとは、新陳代謝によって皮膚の細胞が新しいものに台頭することを言います。

 

年齡とともに体の新陳代謝が落ちることによって、肌のターンオーバーの周期が長くなり、30歳なら40日程度と<年齡プラス10日>ほどかかるようになると言われています。

 

ターンオーバーについては以下のページでも詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

 

新陳代謝の低下によって、長い間古い細胞が留まってしまい、肌トラブルが治りにくいと感じる原因の一つとなっています。

 

そこで、エイジングケアの中でも肌のターンオーバーを促進する働きを高める成分が注目されているのです。

 

しかし、むやみに周期を早めることばかり考えてもいけません。

 

古い角質に変わって台頭する新しい肌がきちんと健康な状態で表面に現れてこなければ、紫外線や外気の影響に耐えきれず、乾燥やシミなどの肌トラブルにつながりかねません。

 

新しい肌をしっかりと育みながら、正常な肌のターンオーバーを促進することで、ニキビ跡の改善が期待できます。

 

では、肌のターンオーバーを促進するためにはどのような成分が有効なのでしょうか。

 

実は、ハイドロキノン同様美白化粧品にも使用されている成分で、ハイドロキノンとは異なる方法で美白やシミ改善に関わる成分があります。

 

それが、トレチノインと呼ばれる成分です。

 

ターンオーバーを促進するならトレチノインが最適

肌のターンオーバーを促進する成分として注目されているのが「トレチノイン」です。トレチノインはレチノイン酸とも呼ばれ、いわゆるビタミンA誘導体と同じものです。

 

人間の血液中にも含まれているため、アレルギー反応を起こすことがなく、ニキビ跡はもちろん、怪我ややけどなどによる皮膚の色の改善にも使用される成分です。

 

ただし、肌に対して強い効果があるため日本では認可がされておらず、保険の効かない美容皮膚科で処方されるのが一般的です。

 

アメリカではニキビやシワの治療薬として一般的に使用されているので、できれば日本でも早く認可が降りてほしいものですね。

 

トレチノインは、肌の表面の細胞を分裂・増殖させることで肌のターンオーバーを促します。

 

東京大学形成外科の発表によると、トレチノインの積極的な使用によりターンオーバーは約2週間に短縮されるという驚きのデータも。

 

 

また、ピーリング作用もあり、ニキビ跡など肌トラブルを起こしている古い角質を剥がす効果もあるため、ニキビ跡を積極的に改善するのに有効です。

 

加えて、肌内部のハリやうるおいに関わるコラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートする働きもあるため、美肌効果・小じわ改善効果が期待できます。

 

しかし、同じように美白化粧品に使用されるハイドロキノンとは異なる働きをするため、トレチノインはニキビ跡改善に役立つ成分と言えます。