加湿器は乾燥肌に有効なの?タイプの違いと人気商品など

加湿器から吹き上がる蒸気

 

紫外線の強い暑い夏も終わり、気温が低下し空気が乾燥する秋冬の到来ですね。冬の厳しい寒さを乗り切るために、エアコンやストーブなどの暖房器具を使う人も多いと思います。

 

特に職場や家でも使用される事が多いエアコンですが、冬場にエアコンを多用していると「なんだか喉がイガイガする」「お肌が乾燥してカサカサ…」といったエアコンが効いた室内での経験があるのではないでしょうか?

 

このようにエアコン(暖房)を使い過ぎると空気が乾燥するので、おのずと乾燥肌を悪化させる場合があります。

 

ちなみに都市ガスやプロパンガス等を使うガスファンヒーターは空気中の酸素と結びついて燃焼することで水(水蒸気)が発生するので、空気は乾燥しません。

 

この記事では、空気中の水分が奪われて乾燥が起きるメカニズムと、乾燥対策として有効な加湿器の秘められたパワーについてまとめました。

 

 

マーキング用白背景

空気が乾燥すると肌も乾燥するのは何故?

その原理は洗濯物と同じです。風にさらされると洗濯物はよく乾きます。風が洗濯物の「水分」を奪ってくれるから洗濯物は乾くのです。

 

この洗濯物が乾く現象と全く同じで、エアコンから吹きつける温風によって、私たちの肌や体から水分がどんどん奪われていくのです。

 

水分が奪われる事で、皮膚や口が乾き、結果として肌が乾燥するといった状態に陥るのです。

 

マーキング用白背景

エアコンの温度が上がれば肌の乾燥状態もさらに悪化する

残念なことに、早く暖まろうとエアコンの設定温度を上げれば上げるほど、湿度が低下します。

 

結果として部屋は暖まっても皮膚や喉は余計に乾燥した状態になってしまい、乾燥肌が悪化するという最悪の状態になってしまいます。

 

マーキング用白背景

部屋の湿度を上げることは肌の乾燥対策に有効

暖房器具、特にエアコンの場合は、室内温度が上がれば空気中の水分=湿度が下がる、といったようにその関係性が反比例で成り立っています。

 

「じゃあ湿度を上げればいいのでは?」と誰もが思うかもしれません。まさにその通りで、湿度を上げればエアコンによる肌の乾燥を防ぐことができます。

 

肌の乾燥を対策する為に必要な湿度は?

一般的に、お肌に優しいと言われている湿度は、40%から60%くらいだと言われています。

 

湿度が40%を下回ると、肌や目が乾燥を感じるようになります。ですが冬の季節は、湿度が30%から50%ほどが平均です。冬に肌が乾燥しやすくなるのは、このように湿度が低い日が続くからだと納得できる数字ですね。

 

冬の湿度の低い中、エアコンを使用する事で、追い打ちをかけるように湿度が下がります。

 

エアコンをつけっぱなしにしていると、湿度が30%以下になる事もしばしばありますが、湿度が20%を下回るとウイルスの生存率が上がり、さらには繁殖しやすくなるので、美容と健康の為にも空気の乾燥は対策する必要があります。

 

湿度を上げるためには「加湿器」をうまく活用する

湿度の低い冬の季節に、エアコンを使用する事が避けられない状態の場合、乾燥肌対策に加湿器の活用をおすすめします。

 

お肌の乾燥だけでなく、風邪菌やインフルエンザなどのウイルスの繁殖を防ぐためにも湿度を上げる必要があります。洗濯物や濡れたタオルを室内に干す事で一時的に湿度を上げる事もできますが、エアコンを使用して寝ている間、理想的な湿度を保ってもらう為には頼りない方法です。

 

マーキング用白背景

加湿器が部屋の湿度を上げる仕組み

説明している女性

 

そもそも、加湿器がどのように部屋の湿度を上げているのか、その仕組みや種類が気になる方もいらっしゃると思います。

 

最近は、さまざまなタイプの加湿器が各メーカーから販売されています。部屋を加湿する方法がそれぞれ違い、大きく分けて合計4種類ありますが、種類によって加湿する方法が違う為、それぞれの加湿方法をご紹介します。

 

スチーム式(加熱式)

一番ポピュラーな加湿器の種類。加湿器本体に入れた水を沸騰させてお湯にし、湯気を出すスチーム式。やかんでお湯を湧かして沸騰させ、蒸気を出しているのと同じ原理で加湿するタイプ。ファンがついているので、スチームファン式ともいいます。熱を使って加湿するので、電気代が高いところがデメリットです。

 

超音波式

水を超音波によって細かな粒々にして、そのまま自然に空気中に吹き出すというタイプ。霧吹きで水を拭くような要領で加湿しているのが超音波式です。熱を使わないので、電気代の節約になります。

 

気化式(ヒーターレス式)

水をしみ込ませたフィルターに風を送り、水を気化させてファンで空気中に散布する気化式。超音波式と同じで熱を使用しないのでヒーターレス式ともいいます。

 

洗濯物を部屋に干すのと似たような原理で加湿するタイプです。加湿に時間がかかってしまう事がデメリットです。

 

ハイブリッド式

スチーム式と気化式のメリットを取った、バランスの取れたハイブリッド式。

 

気化式と同じように水をしみ込ませたフィルターに風を当てるのですが、加熱した水をフィルターにしみ込ませるので、加湿スピードが上がります。

 

マーキング用白背景

スチーム型加湿器の特徴とは

加湿器の中でもポピュラーで、よく売られているスチーム型の加湿器ですが、その特徴は大きく2つあります。

 

パワーが大きく素早く加湿できる

加湿能力が高いことが最大の特徴です。加湿器本体の大きさにもよりますが、一般的に販売されている普通のサイズのものであれば、広い部屋で使用しても満足できる加湿能力です。

 

さらに、価格も比較的リーズナブルなものが多いので、手軽に購入する事ができます。

 

最近ではペットボトルを水の容器にするという、サイズがコンパクトな商品も出ています。ペットボトル程の小さなサイズでも、6〜8畳ぐらいの部屋を加湿するのに安定した効果が期待できます。

 

掃除がしやすく熱を加えるので衛生的

さらに衛生的で、掃除がしやすいという大きなメリットがあります。

 

商品によって多少の構造の違いはありますが、基本的には水を沸騰させるのがスチーム式の加湿器なので、仮に雑菌などが水の中に入っていても、熱を加える事で死滅させる事ができます。

 

さらに熱を使用しているので、カビや雑菌などが増えにくい状態を作り出せます。

 

蒸留と同じ原理で、水蒸気として気化するのは水だけで、不純物は加湿器本体の中に残ります。ですから、気になる不純物を水蒸気を通して体内に吸い込むといったことがありません。
ポット型のスチーム加湿器の場合、お手入れが抜群に簡単です。

 

カビや雑菌などは、水を沸騰させた際ほとんどが死滅するので、ポットの中を拭いて掃除するだけで完了する為、こまめに拭き掃除をする事で衛生的な状態をキープできます。

 

マーキング用白背景

超音波型加湿器の特徴とは

超音波加湿器とは、水を超音波振動によって細かく破砕し、それをファンによって吹き出すという加湿器です。

 

つまり、蒸気などではなく「水滴」を空気中に飛ばして、部屋を加湿してくれるのが超音波型加湿器の特徴です。

 

インテリアとして取り入れやすい

熱を使わない仕組みの加湿器なので、本体自体コンパクトなサイズのものが多く、デザイン性が高いのでお部屋に置いてもインテリアとして馴染みやすい事がメリットです。

 

また、超音波型加湿器の中には、アロマや精油と組み合わせて使用できるタイプのものもあります。

 

「オシャレなデザインで加湿ができるならお値段も高いのでは?」と心配になりますが、超音波型加湿器には比較的、価格が安い製品が多いところが嬉しい点です。

 

動作音も静かで電気代も安い

熱を使わないため、加湿中の動作音が静かなのも大きな特徴です。さらに消費電力もほとんどかからないため、電気代も安く抑えられるのも魅力の一つです。

 

1点注意しなければならないのは、スチーム型加湿器と違い、超音波型加湿器の場合は熱を使わず水滴を飛ばして加湿をするので、本体のお手入れを頻繁にする必要があります。

 

本体内部を常に清潔にしておかなければ、雑菌やカビを含む水滴を、体内に吸い込むことになってしまうからです。

 

そのため、他のタイプの加湿器に比べて、お手入れをする回数が週に1回〜2回程度は必要になってくるので手間のかかる加湿器といえます。

 

マーキング用白背景

ハイブリッド型加湿器の特徴とは

スチーム型・気化式の良い点をうまく取り入れつつ、気化式の弱点である加湿力の低さをカバーしたものが、ハイブリッド型加湿器です。

 

ハイパワーで加湿した後は節約モードに

スチーム式と同じ点は、お湯を沸かすところです。そのお湯をフィルターにしみこませて、そこに空気を送るという方式で加湿をします。

 

これだと加湿能力がある程度高いので、すみやかに加湿ができます。

 

一定の湿度になると、本体についているセンサーが湿度を感知し、お湯を沸かすのをやめます。ここで気化式の加湿器に変身するのです。

 

スチーム式の加湿能力の高さに、気化式の電気代を安く抑えられるというメリットが加わったのがハイブリット型の特徴です。

 

寝室や子供部屋などで使うのにおすすめ

ハイブリッド型加湿器の稼働音は、気化式と同様でかなり静かめです。

 

自動センサーで湿度も管理してくれるので、寝室や子供部屋などで24時間つけっぱなしで使用する事ができます。

 

しかし、高性能なため、加湿器本体の構造が複雑になっており、他のタイプの加湿器に比べて本体価格は若干高くなります。

 

マーキング用白背景

ただし、加湿器に頼らず水分と油分の保湿はしっかりと行うことが重要

さまざまな種類の加湿器を紹介してきましたが、冬の乾燥肌を防ぐには、基本的な保湿ケアやスキンケアを怠らない事が重要になってきます。

 

乾燥肌は室内の湿度の低さだけが原因ではない

乾燥する季節は自宅の室内だけではなく、外出先での室内や職場も乾燥する為、加湿器だけではカバー出来ません。

 

さらに寒い季節は冷えによる血行不良や、血管が収縮する事によって細胞の働きも鈍感になります。これらが原因で血流が悪くなると、肌にとって必要な栄養素がすみずみまで届かず、ターンオーバーの乱れや皮脂分泌の低下を招いてしまいます。

 

化粧水やクリームなどで水分と油分のバランスを保つ

お肌の一番上の層は、角質層と呼ばれています。健康な状態のお肌だと、その角質層の中で「水分・油分」・「細胞」・「水分・油分」といったように、それぞれがきちんと整列されています。

 

細胞と細胞の間にある、保水性分(主にセラミド)が失われず、皮脂膜によって守られている状態であれば、乾燥肌を防ぐ事ができます。

 

このバランスが崩れると、肌が乾燥しがちになるので、化粧水で保水成分を補い、クリームや保湿剤でバリア機能を担っている皮脂膜を保護してあげる必要があります。

 

マーキング用白背景

デザインとパワーを両立「ダイソン ハイジェニックミストMF01」の特徴・性能

ダイソン ハイジェニックミストMF01

 

羽のない扇風機や、吸引力の高い掃除機で有名なダイソン社から初めて発売された加湿器が「ハイジェニックミスト MF01」です。

 

ダイソンらしいデザインで高性能

この加湿器は、加湿ミストを出す上部のパーツと、水を入れるタンク、土台といった作りになっており、ダイソンらしいスタイリッシュなデザインになっています。

 

見た目だけでなく、その加湿性能も高性能です。ダイソン独自のウルトラバイオレットクレンズテクノロジーにより、 水に潜む99.9%のバクテリアを除菌できることが最大の特徴。

 

それに加えて、エアマルチプライア―テクノロジーを搭載しており、衛生的に加湿された空気を均一に、素早く静かに送り出すことが可能です。

 

そのスタイリッシュな見た目に反して、注水4L近くと大容量なので、吹き出しをレベル3程度(10段階)に設定すると、丸1日ほど継続使用できることも大きなメリットです。

 

マーキング用白背景

おしゃれな加湿器「バルミューダ レイン」の特徴・性能

バルミューダ レイン

 

次に紹介するのが、デザインが革新的なバルミューダ社の「レイン」という加湿器です。

 

バルミューダというとあまり聞き馴染みのない会社かもしれませんが、デザイン性の高い家電を多数発売しているメーカーです。グッドデザイン賞を受賞している製品も多くあり「レイン」も2014年度グッドデザイン賞を受賞している製品です。

 

インテリアのようなデザインで自然に加湿してくれる

この加湿器は、タンクレス構造を採用している為、本体の上部から直接水を注ぎ込むだけで給水可能な構造となっており、一般的な加湿器のような給水タンクはありません。

 

本体からタンクを取り出して装着するといった煩わしさがなく、手軽に使えそうな構造です。

 

また、2つの運転モード、オートモードとマニュアルモードを兼ね備えているのも特徴的です。

 

オートモードでは、その名の通り「レイン」が設定を維持するように、自動運転を行います。初期設定では、湿度は50%に設定されていますが、お好みで湿度設定を40%から60%まで変更できます。
一方、マニュアルモードでは、風量を変更できます。手動で風量を5段階まで変更できるので、部屋が乾燥しきっている場合は風量を5に設定し、急速に加湿することも可能。

 

加湿機能も高機能で、オシャレな壷のようなデザインなので、リピングに置いても違和感なく快適な空間を作り上げることが可能です。

 

マーキング用白背景

安心のPanasonic「FE-KFL05」の特徴・性能

FE-KFL05

 

最後に紹介するのが、Panasonic製品の「FE-KFL05」です。上記の2商品に比べ、いかにも日本の白物家電的な、ある意味安心感のあるデザインですね。

 

この製品の最大の特徴は、多様な加湿モードと掃除のしやすさが挙げられます。

 

かゆいところに手が届く多数の加湿モード

まずは、加湿モードですが、FE-KFL05では、お急ぎモード・のど&肌モード・おやすみモード・静かモード・おまかせモードの合計5つの加湿モードを、その日の湿度やお部屋の環境に合わせて選択することができます。

 

お急ぎモード

その名の通り、FE-KFL05のファンを高速回転させることで、加湿スピードを上げ、快適な湿度にいち早く到達させることができます。

 

のど&肌モード

60%から65%の湿度を保ちます。そのため、のどやお肌の潤いが保ちやすくなります。

 

おやすみモード

運転音と加湿量を「FE-KFL05」本体が自動で調節してくれます。具体的に説明すると、ベッドに入って寝るまでの間は静かに加湿をしてくれ、就寝中は、加湿量をアップしてくれるといったように、心地よい睡眠環境を作り上げてくれます。

 

静かモード

ごく静かな運転音で連続加湿をしてくれます。そのため、おやすみモードで、就寝中の音が気になる方は、静かモードを代わりに使用する事ができます。

 

おかませモード

名が体を表すように「FE-KFL05」本体が、センサーで部屋の加湿具合をチェックしてくれ、快適な湿度になるように自動調節してくれます。

 

掃除がしやすくお手入れいらずなので長年使える

掃除のしやすさですが、およそ10年間交換が不要なPanasonic独自の加湿フィルターを使用しているため、フィルターに関してはほとんどお手入れ不要です。

 

さらにこのフィルターは、水(ぬるま湯)で押し洗いができ、掃除の後は、フィルター枠にはめてトレーに置くだけで簡単にセットが可能なので、気軽にいつでもお手入れができる設計に。

 

記事のまとめ

乾燥肌対策においての湿度の重要性と、おすすめ加湿器の紹介をしてきました。お肌に優しい湿度を保つためには、日々のスキンケアと加湿器をうまく活用することが重要です。

 

また、一見同じように感じる加湿器の中にもさまざまなタイプがあるので、自分のライフスタイルに合った加湿器を厳選して買う事をおすすめします。