ブルーライトは目だけじゃなく肌にも悪かった!?

机に置かれたスマートフォン

 

目によくないブルーライトは、肌(シミ)にとってもよくないものでした。

 

昨今、ブルーライトという言葉を耳にする機会が増えていますよね。スマホやタブレット、PCなどのデジタル機器の画面から発せられる光のことをいいますが、特にスマホが発するブルーライトはとても強い光であると言われています。

 

ブルーライトとは、波長が380-500nm(ナノメートル)の青色の光線であり、目に見える可視光線の中では最も波長が短くエネルギーが強いのです。

 

年々浴びる量がふえている

太陽光や白熱灯にも含まれている光線ですが、LEDが開発され、省エネ効果もあり普及、そして技術の進化によって様々な機器へ利用されることとなり、このブルーライトの暴露量というものが急激に増えています。

 

このブルーライトは、目の表面にある角膜や水晶体を突き抜け、網膜に到達します。

 

因果関係や詳細はまだまだ研究段階ではありますが、間違いなく目への悪影響があるとされています。

 

そして問題なのが、最新の研究結果では、このブルーライトもメラニン色素の生成を促進する作用があるということです。

 

ブルーライトの光線は皮下組織にまで浸透するそうです。そのため、肌のバリア機能がはたらき、肌を守るためにメラニン色素の生成をするわけですね。

 

肌や目などブルーライトがもたらす害については、ブルーライト研究会というページにも詳細が載っています。

 

 

ブルーライトは紫外線よりタチが悪い

ブルーライトは紫外線より悪影響である、ともいわれています。

 

先述したとおり、ブルーライトは皮下組織に到達する光です。つまり、肌の内部へのダメージを与えてしまうのです。しかしながら、ブルーライトはもう既に生活に密着した光線となりつつあります。

 

スマホは欠かせませんし、特に若い世代ほどPCと向き合っている時間は長いのではないでしょうか。

 

TVも液晶ディスプレイ、至る所の電球はLEDに変わっています。あらゆるところからブルーライトの光線を浴びている日常となっています。

 

特にスマホは、人体にとても近い場所で操作していますので、やはり暴露量はとても大きいです。対して紫外線は、太陽光から発せられる光線に含まれているものですので、日中の屋外や陽の当たる場所を避けることでだいぶ軽減されます。

 

さらに、このブルーライトによる色素沈着(いわゆるスマホ焼け)は、紫外線による色素沈着(いわゆる日焼け)よりも強い作用を持っているという研究結果が出ています。

 

肌のスマホ焼けを防ぐのに一番の方法は?

肌のスマホ焼けを防ぐには、ブルーライトの暴露量を減らすことが一番です。

 

とは言え、なかなか難しいのも現実ですね。まずはお肌の調子はしっかりと整えることが大切です。肌のバリア機能が弱っているとダメージは増幅します。お肌のダメージは、まさにスパイラルで連鎖を引き起こします。

 

崖から転がり落ちるかのようにお肌のコンディションは加速度的に悪くなってしまうものです。毎日の正しいスキンケアを丁寧におこなうことを心がけることが大切です。

 

最近では紫外線カットと、ブルーライトカットが同時に機能するケア商品が増えています。

 

デスクワークなどでPCの使用時間が長いという方は、少しお値段は高くなりますが、下地化粧品を変えてみるのもおすすめです。

 

PCやスマホでは、特に顔付近の暴露量がとても多くなりますので、あらかじめ長時間と分かっているならば、万全のケアは大事ですね。

 

肌を守るには「発光する側」への対策が重要

ブルーライトカットメガネ

 

ブルーライトの影響を防ぐために、効果的といわれているのがブルーライトカットメガネやフィルムですよね。

 

俗にPCメガネなどとも言い、オフィスで働く方々には定番アイテムとなっているかもしれません。目の疲れ具合がだいぶ違ってくるとも言われます。

 

しかし、ブルーライトカットメガネは効果的ではありますが、あくまでも目を守るための道具です。お肌に対するブルーライトのカットは当然ながらできません。

 

そういう意味では、光を発する側つまりスマホやPC、TVなどのディスプレイにブルーライトカットのフィルムを貼ることが効果的です。

 

ただ、もしあなたの職業がグラフィックデザイナーや色彩関係ですと、ブルーライトカットフィルムは色を変えてしまうので問題が出てくるかもしれません。

 

よくいわれるのが画面が黄ばんだような発色になってしまう(iPhoneで問題になった「尿液晶」みたいな色)というものです。

 

ですが最近では技術がだいぶ向上し、最近ではクリアタイプでありがなら有害な光線を大幅にカットしてくれる優れ物も出てきていますので、チェックしてみてください。

 

また、ブルーライトの遮断率によっても色は変わってきます(遮断率が高いほど発色への影響大)ので、あまり強力なカット率のものを使わない、というのもひとつの方法です。

 

アプリでもブルーライトをカットできるものも

スマホのヘビーユーザーには特におすすめ!アプリでもブルーライトをカットできるものが登場しているのです。

 

たとえばこのアプリ。

 

視力保護ブラウザ for iPhone 〜ブルーライトカットで視力回復〜

スマホがシミの原因に!?無視できないブルーライトの影響と対策

 

iPhoneのAppstoreのメディカルカテゴリで1位を獲得した人気アプリで、ブルーライトを強力にカットしてくれます。

 

また、アプリならではの機能といえるのがブルーライトの割合やディスプレイの輝度を自由に調節できるところ。

 

美しい写真などを見る時は弱めにしたり、長時間ネットサーフィンや電子書籍などを読む場合は強めにするなど、シーンや目的にあわせて最適な見え方にすることができます。

 

起動中は画面上部に広告が表示されますが、無料で使えるので気軽に試すことができるのもグッドですね。

 

以前は海外製のアプリが主流でしたが、上記のように日本製のアプリもふえてきています。可愛いアプリなども多数出揃ってきていますし、無料版でも十分に機能的なアプリも増えています。

 

特にSNSやゲームをやる時間が長い方は、ぜひブルーライトカットアプリのインストールをしておいてくださいね。