ビタミンC誘導体の美白力は?シミへの有効性

ビタミンC誘導体の美白効果の肝は?化粧品としての機能

 

ビタミンC誘導体とは、体内で酵素の働きによりビタミンCになるもののことです。本来のビタミンCは、不安定で分子構造が壊れやすい性質を持っています。

 

しかし、そのビタミンCを誘導体化することで、安定した状態を保つことができるだけでなく、体内への吸収率をも向上させることができます。そのため、ビタミンC誘導体は、肌に浸透しやすくなっています。

 

体内でビタミンC誘導体が吸収され、ビタミンCに変わると、美白効果やアンチエイジング効果が期待できます。ビタミンCには、メラニン色素還元作用やメラニン生成阻害作用、ビタミンE合成促進作用があります。

 

誘導体とは?

植物と組成式

 

誘導体というのは、元の物質の構造や性質を大きく変えない範囲で変化させたものを指します。つまりビタミンCでいえば、より身体(皮膚)への吸収をよくするために改良を加えたものです。

 

(細かくいうと、ビタミンCの活性化する部分に、リン酸や糖などを結合させて安定化させたもの。まるでテーブルの上で不規則に転げまわるビー玉ひとつひとつに、重しをつけて動きを落ち着かせる感じです。)

 

そもそもビタミンCは不安定で壊れやすい物質です。料理でも野菜に火を通すとビタミンCが壊れると教わったことがあるかと思います。しかも水溶性ビタミンなのでそのままでは肌の皮脂に弾かれて吸収されにくいのです。

 

そこで誘導体化することで皮膚に吸い込まれやすくする必要があるのです。ビタミンC(誘導体)についてはロート製薬のコンテンツがわかりやすいのでご紹介しておきます。

 

肌を根底から蘇らせてくれる

美肌にうっとりする女性

 

血行を促進し新陳代謝を高め、ターンオーバーのリズムを整えてくれるので、シミを薄くし、透明感のある美しい肌づくりをサポートしてくれます。

 

他の美白成分はメラニンを作らせない働きはありますが、できてしまったメラニンには何の効果もありません。しかし、ビタミンC誘導体は、そのできてしまったメラニンに対しても効果を発揮することができる、唯一の美白成分です。

 

肌への浸透力が高いビタミンC誘導体は、肌の奥深くの細胞を活性化させることができるので、シミを薄くすることができるのです。

 

さらにビタミンCは、コラーゲンの生成やセラミド合成の促進にも作用する働きがあるので、肌の水分をしっかりと保ち、みずみずしく若々しい肌を作り上げる効果が期待できます。

 

そして、強い抗酸化作用によって、皮膚の老化を遅らせてくれます。他に皮脂を抑制する働きもあるので、ニキビやニキビ痕などの肌トラブルの改善や、毛穴が目立たなくなる効果も期待できます。

 

このように、多くの美肌効果が期待できるビタミンC誘導体は、美白化粧品や年齢肌対応の化粧品などに含まれていることが多いです。ただ、ビタミンC誘導体は酸性であるため、肌の弱い人にとっては刺激が強く、逆に肌トラブルを招いてしまうこともあります。

 

高濃度のビタミンC誘導体が含まれている化粧品を使った場合に、ピリッとした刺激を感じることもあるので、肌の弱い人は注意が必要です。